変なクレス

何気にクレスの世話をしていると変な奴が1匹混じっていた。
体型が少し寸詰まりで可愛いが奇形なんかな?と手にとって眺めると片目がスネークアイズだった。
20061010200035.jpg
明るくても瞳孔がこのまま半分開きっぱなし。
これ遺伝したら面白いかも黒目のクレスなんて想像しただけで可愛いの決定じゃない?
エサへの反応もこれといって問題ないし無事に育ってくれるといいな~

後述
結局この子は死んじゃいました。
やはり奇形だったのだと思います。
スポンサーサイト

クレスの産卵

クレステッドゲッコウの産卵をちょうど目撃しました。
20060920010920.jpg
今まさにムニューっと出てくるところ。
20060920011120.jpg
一個を産み落とすとすぐに2個目はするっと出てきました。
今回の卵はどうなのかな?孵るかな?カビるかな?爆
こいつら最初こそ不定期に産んでたけどきちんと栄養補給してやると1ヵ月半に1回周期で生んでます。
クレスって何匹居てもたいしたスペースはとらないし、エサ代もたいしたかからないし、今のところカラーバリエーションはたくさんあるけど確実な品種といえるものが無いのでクレス専門のブリーダーになって改良品種を作るのも先見の明があるかも・・・
飼ってみたら分かるけど本当に良いヤモリなんですよ。
今の日本での人気薄が信じられないっす。

し・し・尻尾・・・しっぽが~~~~AAAぁああ

ミスタージングルスの尻尾が切れてしまった。泣
メスにしつこく求愛して反撃にあったのでしょう。
「おまえ、あんまりにもメスにしつこく付きまとうから・・・あれほどやり過ぎは体に毒だぞと言い聞かせいていたのに・・・しかもおまえのトレードマークの白い尻尾が切れてしまったら魅力が半減してしまったではないか?」とクドクドくどくど小1時間くらい愚痴のような説教のような会話をし、そのあと鬱~~~になって塞ぎ込んだ自分。
それとは対照的に身軽になったのか切れる前より軽快にメスを追うジングルス。爆
しかし、尻尾が切れても俺たちの友情にヒビなんて入らないよ。
でも店に出すと知っている人たちからおまえは「何コレ?尻尾切れたの?尻尾無いよと」と嘲笑を浴びるだろう。
そんな事はさせない!おまえは俺の部屋でかくまってやる!
そして食い物と女には一生不自由の無い生活をさせてやる!
尻尾が無い分体力も減っただろう?来年の夏にはエアコンも買ってやる!
尻尾が無いくらいなんだ~~~~~~されど尻尾・・・
20060918005617.jpg

あまり寝る時間が無さそうだぞ今日は・・・

只今、夜中の2:30
在庫中のクレスのバリエーション名を確定させたくてこんな時間までかかってしまった・・・orz
昼間は皆ほとんど同じ色(グレー?爆)なのでこんな時間に抜き打ちで見に行かないと色とか柄とかわからないんですよ~
夜中にクレスが発色している時間に撮影してカートに載せたいんだけど自分、ジジイ化してきたせいか眠くてたまらない・・・
だからカートに載せているクレスの画像は昼間の綺麗でない時間帯に撮っています。
なので今後は綺麗だなと思った個体は画像を地道に入れ替えて行きますので要チェックです。
そもそも最近色々海外のサイトとか見てるんですがクレスの品種名とか血統なんてまったくアテにならない?と思うんですよ。
ペットにするなら綺麗で気に入った個体を選ぶに越した事はないかと思いますが繁殖を視野に入れた飼育なら価格の安い個体がおすすめです。
ちなみにクレスの販売で数量割引も始めましたのでご利用頂けると幸いです。
kuresu34.jpg


今何位かな?ブログランキング!

僭越ながらクレスの魅力を語らせろやウオリャ~

題名だけを見るとまた壊れかけているPOPOの店主なんですが昔に比べてマシになってきた方なのでここはスルーで・・・

ku01.jpg
クレステッドゲッコウ=オウカンミカドヤモリ
通称クレス!
可愛いよ~可愛すぎるんだよ~
何が可愛いって目の周りのまつ毛みたいな突起。
「何の為にあるんかな~?」と考えてしまう形なんですがね人間のまつ毛は汗が目に入らないように存在しているのですがクレスのそれは逆の作用の為にあるのではないでしょうか?
朝露なんかをそのプリティなまつ毛に貯めて舐めて水分の補給を効率良くするのではないかと・・・
んでね。クレスはカベチョロなんです。つまりガラスとか壁をチョロチョロできるヤモリって奴。
カベチョロのヤモリは気性が荒かったりデリケートだったり動きが素早くて「ハンドリングなんてとんでもない!」ってのが多いいんですわ。
しか~し!さすが初心者にも人気のクレスちゃん!気性?おとなしい~。動き?トロくさ~い。ストレス?感じてるのかコレ?
ハンドリングが問題なくできるカベチョロなんですよ。
たま~にやたらと動きが早くて威嚇してくる♂がいますが人間の世界にも恐ろしく凶暴なのがいるのと同じでそんなのは稀です。
写真では質感がわからないと思うのですが肌触りだって絹のような滑らかさで頬擦りしたくなってしまうかもよ。ってかするよ!きっと。
わかり易く説明すると「若いおねーちゃんの肌とは違った熟女のような色香ただよう手に吸い付くような肌触り」わかりづらい?爆
そんな気持ちの良い生き物が手の上にチョコンと乗るわけですよ。
エサ?コレが微妙なんですよね~
専用のクレスフードなんてのもあります。これを食べていればOKみたいなの。水に溶いて与えるんだけどスプーンで口元まで運んでやるとイヤイヤするんですよ。マズイのかな?
そんで店では主食はイエコオロギで副食に昆虫ゼリーって感じ。
温度はね、これまた微妙「人間の快適な温度と同じ温度でOK」。
22~26度くらいでいいんでヒーターも必要ないかも・・・
ここまで聞いてあまり手がかからないのわかった?
そうコオロギの管理の方がよっぽど大変だ・・・
だから飼い始めるとだんだんいろんな色のが欲しくなって匹数が増えちゃう。結構多頭飼いもOK。(♂同士でストレス受ける奴はたまにいます)
そんで無事に1年くらい育てていると自然に♂♀が見分けついてきて繁殖が視野に入ってくるわけ。
クレスに繁殖シーズンはないんよ。オールシーズン生むの。
1年に8回くらいかな・・・栄養状態にもよるけどね。
えらそうに説明しているが実は自分いまだにクレスのハッチに出会っていないんです。泣
原因は温度が高すぎるせいだってぇのはわかっているんだが今時期は無理っぽいかな・・・
でも早く自分ちで生まれたクレスベビーみたいね~
冷温蔵庫でも買って来ようかとマジ悩み中~

ま・じ・で・押すだけ押して下のバナー~ブログランキング!

 | BLOG TOP |  NEXT»»