新入荷! 熱帯魚

・アピストグラマ ディアマンテ WILD ペア
まだ若いMサイズのペアです。

・CO.ロビネアエ
縦じまのコリドラスサイズも手ごろで価格も手ごろ

・オレンジフィンカイザープレコ 
人気なのでたくさん仕入れました。

・オレンジロイヤルプレコ
サイズは5~6cm、5000円コーナーに投入

・テトラオドンファハカ
3~4cmのSサイズ3尾
7~8cmのMサイズ3尾
POPOではムブとファハカは定番商品。だって~可愛いんだもん。

・トロピカルジャイアントガー 10cm位
今回の入荷した中でコレを特価商品にしますね。
特価!!8400円!!

・PO.ラプラディ ブリード ベビー6~7cm
可愛い!なにコレ?始めて見たこんなサイズ。
このサイズならネオンテトラ漬けにして育てたら・・・ぐっふっふっふ
スポンサーサイト

寒冷地用カイロ

カイロの在庫が切れたので近くのホームセンターへ買い出しに行ってきました。
「いつものカイロは~♪」あったあった。ちょうど特売だ~!ラッキー♪2箱買っちゃお~
でもよくよく思い出すとそんなに安くね~よな~
毎年の事だがカイロは春先が安い。
去年も春先に10箱位買ったはずだがもう無い。
それだけ発送しているという事ですので良しとしますか~。
よ~し来年の春はお父さん20箱買っちゃうぞ~
などと頭の中は妄想たっぷりなんですがそれを周りに悟らせない無表情さで買い物していると「寒冷地用ホッカイロ」なるものを見つけました。
20061126212743.jpg
なんと最高温度72℃、しかし40度以上保持時間は13時間と短い。
だが荷物が北海道にある時間はこのカイロが威力を発揮し、普通のカイロで持続性をカバーすれば良いだろう・・・つっ使えるコレ!
しかも売り上の一部はユニセフに寄付されると明記してあるではないですか。
この1文が俺の男気に火をつけた。
さっそく1袋のみ購入した。
いや、使って良かったらもっといっぱい買うよ、いや、マジで。
軽快なハンドルさばきで家に戻りマジマジと説明書き読んでみたが空恐ろしい言葉が並んでいる。
やけどにご注意ください、熱すぎる時は・・・、高温タイプ、通常のカイロより設定温度が高くなっています等々。
のぞむところだ!こんなの待ってたんだ!いいぞ白元!(メーカー名)などと妄想を膨らましながら今シーズンの発送は大丈夫だなと無表情で考えています。

残念なお知らせです。

POPOの赤いアロワナ。
店がオープンした直後から居るエンパンレッド。
ベニーレスマナーさんがシッパーとして出してくれていた時代の少数輸入され始めた初期のエンパンレッドが死亡してしまいました。
前の晩にエサを与えても食べないで口を膨らませてこちらを睨むので「どうした?機嫌悪いのか?」と問いかけたのですが他の混泳魚は元気だったので大して気にも留めずにいました。
しかし、次の朝水槽を見ると無残にも生き絶えて横たわっていました。
なぜ?まじで?どうして~~~~~?
ショックで水槽に近寄る事もできませんでした。
コイツは入荷時大量に色々なアジアアロワナを仕入れたときの1尾でした。
肩書きはエンパンレッドでしたので安くはなかったし(といっても当時の値札には30万と書いていました。最近のエンパン高くね?)、光沢はあるものの30cmもあるくせに赤色の部分が少しもなく、「これは色出ないんじゃないの~」とお客さんの評価はいまいちで結局売れ残ったアロワナでした。
「売れなくても良いよ。売れ残りを赤くしてこそプロの仕事だ!」と意気込んで1500の水槽を用意して大切に育てたのでした。
するとある日ウロコの縁にうっすらとオレンジ色が・・・
その後1週間であれよあれよというまに見事赤く染まったのでした。
当時はアロワナ雑誌を見ても「こんな赤い奴居ね~な~」と自慢のアロワナでした。
大人になるまでジャンボワームしか食べなくてわがままな奴でしたがある日突然カーニバルをバクバク食べるようになり、本当にお利巧な奴でした。
最近ではウロコの縁が多少がたついていたものの、色も全盛期に比べ色落ちしていたものの、片目が落ちていたものの、水槽のど真ん中でじっと静止し、来るお客さんに愛想も振らずグッと睨み貫禄を漂わせていたものです。
そのエンパンも12年という短い生涯であの世へ・・・
空の水槽を見ると寂しくなるけど、もう立ち直らなきゃね。
たくさんの思い出をありがとう!
20061125004339.jpg

新入荷 熱帯魚

・ピラニア ナッテリィ M
・ノーザンバラムンディ ML

新入荷 爬虫類

・フトアゴヒゲトカゲ レッド、オレンジ、イエロー 
安心ヤングサイズ たぶん♀ 各色1頭ずつ

コーンスネーク2006.US.CB
・アメラニ 
・スノーモトレー
・バター

新入荷!熱帯魚

・ネオンテトラ SM 500尾
・カージナルテトラ M 500尾
・カラープロキロダス 5~7cm 5尾
・クラウンローチ 4~5cm 50尾
・オトシンクルス コロンビア産 20尾 
・CO.コンコロール M 10尾
・CO.ステルバイ M ブリード物 10尾
・CO.メリニ L 4尾
・ブルーフィンプレコ SM 5尾
人気のブルーフィン!今回は最初で最後の3000円コーナーに投入!事故起こさないようにゆっくり気をつけて急いで買いに来て!
・アーマードプレコ 8~10cm 1尾5000
・キングタイガーペコルティア SM 1尾5000
・グリーンロイヤルプレコ SM 1尾3000
・ゴールデンブルーフィンプレコ 6~7cm 1尾5000
・スカーレットトリムプレコ 8~10cm1尾5000
・スターダストプレコ SM1尾5000
・ハーフスポットロイヤルプレコ M1尾5000
・プラチナロイヤルプレコ 8~9cm1尾5000
・マスタードファントムプレコ 4cm1尾5000
・オレンジキャット コロンビア 12~15cm1尾9800
・アルビノヨーロッパオオナマズ 10~12cm1尾9800
・PO.エンドリケリー 8cm+-10尾 
・PO.オルナティピニス 5~6cm10尾
・PO.デルヘッジィ 6~8cm10尾
・PO.モケレムベムベ 15~18cm5尾@2980
・スポテッドガー ベビー10尾
・ブラックアロワナ WILD 18~20cm 2尾@29800
・ニューレッドアイアルビノナイフフィッシュ 10~12cm1尾
・ヤマトヌマエビ 200尾

凍死寸前危機一髪奇跡の生還

今年は最後になるであろう朱鞠内湖の釣行記です。
長めに書いてみようかな。

早い時間に就寝についたので爽やかに朝4時に起床!
まずは厳寒期の釣りには欠かせないモモヒキとU首白色肌着を身にまとう。←オッサンかっ!?
それを毛玉だらけのadidasジャージ(なぜか買って1回着ただけで毛玉だらけ)とタートルネックでプロテクト。←欧米かっ!?
スキー用の厚手の靴下を履いたらもう準備はOKです。
そのまま前の日に釣り道具&ボートを積み込んだカルディナにバッテリー片手に乗り込み(ウソです。両手でよっこらせと重さ30kg)出発!
一応、現地集合の相棒を電話で起こすのも忘れない。
出発時に寒さは感じなかったが峠で雪が積もっていて冬だと実感。
朱鞠内に近づくにつれて冬景色となりました。
20061116180912.jpg
到着後、釣り券を自販機で買い湖岸に車を横付け(ボート下ろすため)うっすら明るくちょうど良い感じ。
syumari061116.jpg
さ~準備開始!
ボート膨らませてバッテリー積んでエレキをセットしてアレも載せてコレも載せて・・・そうそう忘れてならないアイテムがコレ!










20061116181339.jpg
ハナかみすぎても痛くならないよ。

まごまごしている相棒を置いてさっさと出航~
今日はどこから攻めようかな~?とまずはカラス島(通称)に向かう。
20061116181929.jpg
左側のヤブがカラス島。満水でほとんど水没状態。
1投目!まさに1投目!いやマジで1投目にヒット!
「おっおっおっちょっと大きいぞ」と独り言、ニタニタしながら寄せてみるとチラッと見えた魚の顔がマジでかい!
ここからは無言で真剣に取り込む・・・
20061116182405.jpg
陸まで寄せてからあげた。ムムム何センチ?
20061116182459.jpg
ジャスト70cm!頭でっかちイトウ兄さん。
「よし!次は父さん連れて来い!」撮影後、無事に逃がしてやり即電話「もしもし、あ~70、うんうんカラス、うん、じゃね」と相棒に自慢も忘れずに次ぎいってみよか~
直後サクラマス釣れたが即リリース(サクラ弱りやすいから撮影無し)その後は冷たい風と雪で体が芯から冷え切りガチガチ歯を鳴らしながらここぞというポイントを丹念に移動しながら釣るがナシノツブテ&集中力が持続しない。
しかし、日頃の行いが良いせいか雲が切れて太陽が顔を出してくれました。
20061116183644.jpg
20061116183705.jpg
助かったぁ~暖ったかあ~ぃ。
つかの間のバスキングでしたがやる気が出たせいかアメマスが立て続けに釣れた。共に40cm弱の2尾。
20061116183313.jpg

その後は駄目、思い出すのも辛い風と雪で氷河期を彷彿とさせる寒さのなか粘っていましたが相棒のボートが近づいてきたので泣きを入れました。
アメマスしか釣れてない帰りたくないはずの相棒に「もう帰ろうよ」と・・・今思うとマジごめんなさい。
浜に戻り、手と口がかじかんでいるので会話にならない会話をしながらまごまごと後片付け。
途中、漁協の方が来て「釣れました?」と聞かれたが「うん」と「なに釣れました?」の質問で「イトウ」と答え、「サイズは?」の質問でもったいぶったように「70cm」とたどたどしい会話になってしまいました。寒さで思考回路もダウンしてたもね~。
釣果を自慢するお楽しみタイムなのに余裕なさ杉。
漁協の方、どうもすみませんでした。
相棒に「帰りに寝てく?」と聞かれ「峠前のパーキングで寝てくよ」と待ち合わせし、先に片付け終わって帰路についた。
車の暖房30度にセットしても全然暖かく感じないほど体が冷え切りパーキングに着いても寒くて眠れなかった。30分ほど眠ろうと試みたが駄目だった。後から来てグースカ寝ている相棒を残して帰って来ました。

行きも帰りも車中はなぜか「あみん」の「待つわ」を口ずさんでいたのですが1回も「待ってないわ」。

新入荷! 熱帯魚 金魚

・ウマンギィスネークヘッド
・オレンジフィンカイザープレコ 3000
・ブラックウィズホワイトカイザープレコ 5000

・流金 当才 6cm 木村養魚場 赤濃い
・パールスケール 6cm 木村養魚場 更紗で可愛い
・水泡眼 2才 8cm 木村養魚場 更紗と黒も混じり
・黒出目金 6cm 江戸川産 大量入荷
・赤出目金 6cm 江戸川産
・コメット 7~9cm 江戸川産 大量入荷
・東錦 6~7cm 群馬産 物良し
・らんちゅう 6cm 弥富産 更紗も混じり

3000円均一プレココーナー

2年ほど前から始めて大変好評を頂いている3000円均一プレココーナーですが来店の方には何人か愚痴を聞いていただいているんです。
「最近は3000円以内で売れるプレコを集めるの大変なんですよ~存亡の危機っすよ~」と。
するとお客さん
「じゃ5000円コーナーも作れば?」 Σ(゜ロ゜;)
なるほどね!なるほどなるほどなるほどね!('A`)
5000円なら結構いろんなの入れれますよコレは。
3000円コーナーの上の段に5000円コーナー設置しよう!
よ~し明日にも準備に取り掛かっちゃうぞっと。
楽しみに待っててよ!爆

今週は熱帯魚が売れたから

熱帯魚水槽がガラ空きになっている。
POPOの熱帯魚コーナーは単品で一水槽占拠しているのが多いのでポツポツ売れても空き水槽ができてしまうわけですが。
前というか昔というかPOPOがまだ新参で、こんなちっぽけな町に10数件もショップがあり群雄割拠だった頃は生き残るのに必死だったので空き水槽ができると即座に複数飼育の生体をばらして移動し、空き水槽をお客さんの目に触れないように小細工したものです。
その当時はあっちのショップ行ってペラペラ、こっち来てペラペラの迷惑なじいさん(旭川では名物じいさん?)がうちにも来てて「どこどこは魚をいっぱい仕入れたぞ儲かってるんじゃないか?」とか「どこどこは最近仕入れてないから金に困っているんじゃないか?」とか聞かされるもんだから「空き水槽があるとそうとられるのかぁ」と考えさせられたし、実際経営もきつかったからそれを周りに悟られるのが嫌だったんだろうな~と当時の自分の心境を思い起こすと感慨深いものがある。←もちろん目線は遠くを見つめている!爆
今はね~やはり考えが変わったよ。周りの目が気にならなくなった。
「次に入るの決まってるから楽しみに待っててよ」ってなもんです。
たいして経営が楽になっているわけでもないのにね~なぜか余裕ができる。年を重ねるごとに自信も付く。←過信だったりして・・・爆

ちなみに今週はたくさん魚が入荷しますよ。
楽しみに待っててよ!爆

新入荷 熱帯魚 金魚 水草

・ラミーノーズテトラ べレン
・アフリカンランプアイ WILD
・エピプラティス アニュラータス WILD
・チャカチャカ

・更紗流金 SM 江戸川産

・ウォーターマッシュルーム POT
・グロッソスティグマ POT
・ヘアーグラス ショート POT
・アヌビアス ナナ POT 
 

新入荷 カメ

・クリイロヨコクビハコガメ メス 大と中
・ジーベンロックナガクビガメ M メス
・ミツユビハコガメ アダルト メス

熱帯魚屋さんからの業販です。(カメ販売やめるんだってさ)
どれも飼い込みなのですが少々難あり。
ミツユビは甲羅の縁が少々反っているのとくちばしと爪が伸び放題。
くちばしは少しルーターで削ってなんぼかマシになりましたが時間をかけてもう少し削った方がいいかなと。
綺麗にしてから販売したいなと思っているのですが繁殖に使えそうなサイズのメスなので今年中に買い手がついて欲しいですね。
ジーベンは甲ズレですね。甲羅がきちゃないのであとで磨いてみましょう。
クリイロヨコクビハコガメは2年前にクロヨコクビハコガメとの事で仕入れたそうです。仕入額を聞いたらむむむ~と思う額でしたがクリイロでしょう。爆

釣りに行かなくてもハッピーだ!

なにか毎日頭の中はお花畑な店主ですが今年は釣りに行く回数が極端に少ない!だって~生体の管理が楽しくてしょうがないんだ~
接客は嫁に任せて、1日中生き物眺めている。この幸せモンが~
朝起きるととりあえず顔も洗わず(?)ネグセ頭のまま店に降りて来てホシガメベビー達のお食事を観察する。
20061107094337.jpg
脱水症状状態で入ってきたホシベビーももうすっかり元気。
今日は小松菜とチンゲン菜を半々で与えてみた。
芯まで食べて見事に完食。足りなそうな奴も居たがまた明日ね。
ヒガシウォータードラゴンも見ている前でコオロギに飛びついて食うようになった。
何気にヒマな時に与えているので1日に4~5匹食ってるような・・・値上げしよっとハート
キボシイシガメのベビーは入荷時に1番小さかった個体がエサを食わない。
こいつはたぶん駄目だろね(悲)他の奴はエサ喰いが半端じゃなく、一回り大きくなっているので病気とか環境のせいでなく体質でしょう。
自然化では淘汰されるべき存在なんだと自分を納得させるというか慰めてみる。
ニオイガメベビーたちは物凄い勢いで売れていく。
なぜか???熱帯魚水槽のマスコットに選ばれているようだ。だが、オイオイそれは紛れもない水槽の主役ですぞ。爆
ヘルメットゲッコウを趣味で1トリオ飼い始めたがこれは可愛い。
オスなんて触れようものなら「シェー」とか言いながら怒る。
怒った姿がまた可愛い。
ソメワケも飼い始めたザンテックのオスとノーマルのメスと何か知らんが白いハイポだとの触れ込みで入手したメス。
ソメワケの交尾は簡単でいいね。一緒にすると超速攻でオスがメスの背中に「ピョン」と抱きついて意思確認でもしているのかしばらくおんぶが続き、メスが抵抗しないとわかるや交尾が始まった。しかし交尾時間が長い。レオパの交尾に比べ10倍は長いんでないの?
今回初チャレンジなんであせらずやっていこう。
チビ系のヤモリ元々はあまり好きでなかったんだけどマツカサヤモリのべびーを飼育し始めてから好きになったかも・・・
触れると壊れそうなミニチュアさがいいね。触るのが好きな人にはおすすめできないっす。
セマルとミツユビハコガメ達はすっかり人馴れして近づくと顔を上げて皆寄ってくる。
浅く水を敷いているのでネッシーみたいな感じ。
エサの奪い合いは見ていて笑える。
間違って他個体の足なんかに噛み付くんでハラハラドキドキもする。
売れ残りのヘルマンとマルギナータリクガメもなんか絶好調。
すッげー食うから大きくなっていると思うがなぜかカートに載せている情報は更新しない。だって~売れたら寂しいもん!←あいかわらず馬鹿
フトアゴベビーもあと14頭居ます。
小さくて可愛いよ~まだ発色する前なんで今のうちは見極めむずいです。綺麗な個体は高く売りたいから今は売り渋り中~←更に馬鹿
ボールパイソンは今居る奴、皆エサ喰い良好で飼ってて楽しい。
エサ食わないボールを買ってガッカリしたシトに買って貰いたいな~
コーンも例年に比べて在庫いっぱい!エサやる日が楽しみで心待ちな今日この頃・・・しかし1回に溶かす冷凍マウスの量を見て「これいくら分だろ?」とみみっちい銭勘定をしている自分が嫌い。
今発売中のビバガで特集やってたトゲオアガマも在庫個体は絶好調。
本などではエジプトトゲオ大きくなると書いてあるが、友達が飼ってる11年選手は40cm弱。皆が大きくなるわけでは無さそうね。
熱帯魚の図鑑ではアジアアロワナなんかも1mとか書いてあるけどそんなのめったに居ないしね。
クレステッドゲッコウは今何匹在庫居るのか数えてみた・・・60頭!
なんと・・・どうりでイエコ自家繁殖だけでは追いつかないわけだ!
クレスはお客さんに触らせてあげると売れる。
爬虫類に興味なかった人でも買う。
「嫁でも売れる爬虫類、クレステッドゲッコウ」爆
最近レオパの話題が少ないが自分の趣味の本筋はやはりレオパ。
来年はスーパーハイポとスーパースノーで色々試してみようと思う。

な~んてダラダラ書いてすみません。

ドロガメもいいね~

キタシロクチドロガメが産卵していた。
kursu.jpg
しかも1個だけ・・・
アダルトのペア物の亀達は一応、産卵までできるほどの設備を組んでいる。
店でストック中に水中で産み落とされたりしているのを見つけると少し悲しい気分になってしまう。
それならストック中でも産めるようにすればいいじゃんと砂場をプラケでセットしただけなんだけどもね。
ドロガメの卵は初めてなので少し楽しみです。

レオパ16匹目と17匹目ハッチ!

今年最後のハッチかな?
なかなか綺麗です。
20061101004447.jpg

20061101004521.jpg

卵の表面を見てわかるとおり、底砂として敷いているネイティブサンドカルシウムに産み落とされていた卵です。爆
もう産まないだろ~と思っていたので発見も遅かったくらい。
それでも孵るんだね~

 | BLOG TOP |