ニジイロってきれいでしょ?そうでしょ?

最近羽化するクワガタが軒並み羽パカか羽化不全。
部屋の温度が急激に低下しているせいかな?
低い分には問題ないかと思っていたがアンテですら羽化不全。
ん~む!
これなら生まれるのが小さくてもいいから部屋の温度上げようかな。
もう羽化不全のクワガタ見たくない・・・。

ニジイロクワガタ、今旬はグリーン血統なんだね。
今年はひょんなことからグリーンのニジイロを入手したのでブリード狙っている。
散々フセツ取れたご老体のオスだったので交配できたかわからない。
メスもまだ生きているようだが産んでいるかわからない。
赤色は累代で固定できそうだけどグリーンはどうだろう?
うちのグリーン、メスは普通色だし姉妹に変わった色も出なかったそうだ。
あまり過剰に期待しないでおこう。

実は赤血統の累代中止しようと思っていたが継続しようと思いなおした。
やめようと思った理由は赤血統が全然大きくならなかったから。
んで、それとは別に長歯血統のニジイロ幼虫を今育ててんだけどそれがいっせいに蛹化したんで見てたらみんな小さい。
オスかメスかわからん状態。
え~なんで?と思って飼育状況思い返してみると・・・使うマットを間違った。Σ (゚Д゚;)
そう言えば赤血統も同じマット使った。
羽化するたびに散々くさしてやった小さい赤血統のニジイロ・・・。
スマン、こっちのミスです。orz
ニジイロって数出るから菌糸ビン用意すんの面倒でマット飼育してたんだけど次回から菌糸でも育ててみようと思う。
ツミホロボシニ。
008_20081130164835.jpg

んで、赤~~~~いでっか~~~~いニジイロ狙ってみよう。

↓ブログランキング投票お願い致します。

スポンサーサイト

新入荷 熱帯魚 爬虫類 カエル 昆虫

カラープロキロダス
今回いつもより大きい安心サイズ[7~8cm]

ガラ ルーファ
初めて入荷。お肌の角質食べてくれる魚。

ロイヤルトーマン
昔は物凄く高かった。
今は物凄く安くなった。

CO.デュプリカレウス
CO.スーパーシュワルツィ
CO.ロビネアエ
コリドラスは少しずつ入れ変わっていますよ~

オトシンクルス
今回大量入荷につき大特価で販売

オレンジスポットセルフィンプレコ
定番

クイーンインペリアルタイガープレコ
5000円コーナー

レッドテールキャット
東南アジアブリード

AP.ヴィエジタ スーパーレッド
メスが落ちてしまって代わりに補充
ウィルヘルム氏ブリード物なので当てメスではありません。

PO.エンドリケリー
東南アジアブリード
年々上質になってきました。全部腹ゴマ入り。

アカメ 高知県
入荷が少なくなりました。
久々入荷、しかも安い!

ヒガシヘルマンリクガメ EU.CB
今回入荷個体は少々難ありにつき特価
丈夫で可愛い地中海リクガメのエースです。

ミシシッピーニオイガメ USA.CB
時期外れてるのにまだベビー入荷しました。
温暖化が原因かしら…。

ヒョウモントカゲモドキ USA.CB
アルビノヒョウモントカゲモドキ USA.CB
USA.CBの安価レオパ
小さくて可愛いです。
問屋さんにアルビノの系統を聞くと「こだわりのある方は他社で買ってくれ」とか・・・
ちょwww

インドシナウォータードラゴン CBベビー 
チョイ尾切れ
入荷時点検したらなんかしっぽが短いぞ~

クツワアメガエル
お客さんで探している方が居ましたので試しにお取り寄せ。
基本、店主は両生類のストックは苦手(下手)なのんす。
「ほ~なかなかかわいいの~」と思いパックの外から見てたら・・・
よく見たら・・・死んでる・・・死着やん!orz
はっきり言おう!「自分、両生類は嫌いだ!」

ヒルスシロカブト
新成虫 オス1、メス2のトリオセット

↓ブログランキング投票お願い致します。

カメの動画アップ

どうって事ないカメの食事風景の動画二本立てUpです。


ギリシャリクガメ 食事ちゅう~

今回のギリシャは入荷時からどうしても餌を食わない子が2頭います。
輸送で冷えたのが原因なのかな?
この子たちが届いた時に箱の中を見るとカイロが床に2枚張ってあり、皆その上に居ました。
1頭だけカイロの外側に居て触ると冷え冷えになっておりましたのでおそらくその子だと思います。
もう1頭は持つと「軽いな~」と思った個体でした。

卸元に問い合わせたら「送り返してくれ」との事ですがこんなに軽い体力のない子を発送したら死んでしまうに決まっています。
もうしばし店で様子を見ることに決めていろいろ試してみることにします。
駆虫がおわているので寄生虫のせいではなかろうと思います。
一時、冷えた事が原因であるならば冬眠と勘違いして内臓が動かなくなっているのかな。
温浴と栄養剤で内臓が働き出してくれるといいんですけど。
獣医さんに処方された「内臓動かす薬」もあるのですがそれは最終手段に取っておきます。


スッポンモドキ 食事

スッポンモドキのベビー?
まだベビーって言っていい大きさだと思います。
入荷時は甲羅がふにゃふにゃのペラッペラっだったのですが
今はしっかりと甲羅も堅く、反りも治り、元気です。
このくらいが一番可愛い時期だと思います。
いつも水槽の奥で寝ていますが水槽コンコンってノックするとすぐにUFOのようにすいーっと飛んできます。
うちは熱帯魚屋なので熱帯魚のお客さんが多いので仕方ないのですがたまにスッポンモドキをカメや爬虫類でなく熱帯魚だと勘違いしている人が居ます。
いえいえ、完全に勘違いしている訳じゃなく熱帯魚の大型魚みたいなもんだと・・・。
なもんで売る時に手続きがあったりするとどうも腰が引けてしまう方が居ます。
「気軽に買えるもんじゃないんだね」と。
店ではニオイガメも水草水槽に入れたりしているもんだからそちらも同じように熱帯魚買うようなつもりで「これちょうだい」と頼まれますがやはり書類を書いてもらう時に不安な顔をのぞかせる方が居ます。
「これってあきたらどうするの?」と。
いやいやいやいや~きちんと最後まで飼ってくださいな。笑
ニオイガメはさておき、スッポンモドキでもそれなりの大きさの水槽が必要になりますが繁殖狙うわけでなかったら大型魚の飼育設備があれば飼いきれますぜ。

↓ブログランキング投票お願い致します。

新入荷 昆虫

フローレンシス CB.F3
002_20081124165255.jpg
001_20081124165307.jpg

新入荷 昆虫WILD

いや~
今週は熱帯魚と爬虫類の仕入れで発注書に一生懸命書きこんだのにFAX送るの忘れてしまいました~
なので今週は昆虫のみの入荷

アルキデスヒラタ スマトラ
スマトラヒラタ ベンクール
セアカフタマタ スマトラ
カステルナウディツヤクワガタ スマトラ
パリーオオクワ ジャワアルゴプーロ

冷え冷えで入荷したので焦りましたが一晩経って元気が良くなってきましたので大丈夫かな?
昆虫シーズンもオフに入りましたので格安で販売しています。

↓ブログランキング投票お願い致します。

内歯

CB昆虫

ペレンメタリフェル 3ペア

スラウェシメタリフェル ♂フセツ欠け 2ペア

ニジイロ赤血統 小型 1ペア

以上、羽化したので販売に回しました。


スマトラヒラタの話を少し…
内歯下がりで人気なのはアチェ産ですが自分はパダン産が大のお気に入り。
といっても、たまたまWILDのメスをブリードしたら内歯下がりが出たから好きになっただけでベンクール産のように内歯が上方についていたら「ふ~ん( ´_ゝ`)」って売っぱらっていたと思う。
naisi.jpg
内歯が上がっているか下がっているかだけでも好みが分かれるうえ、太さや形なんかも吟味され良い物はオークションでも高値で取引されている。
なかには○○○血統だとか極太等をうたって販売されているのもあるが自分はあまり信用していない。
血統というのは確かに存在するのであろうが昆虫の場合、血統より幼虫の育て方のほうが成虫になった時の大きさ、形に重要であろうと考えている。
実際に自分が育てたアチェ産WILD.F1の90mmと知人の育てた○Lineペ○チ君血統F1の90mmを比べたが差がないどころか自分のWILD.F1のほうが太くて迫力あった。
別に自慢したくて書いている訳じゃありません。
血統物を馬鹿にしているわけでもありません。
買ったその親はそりゃ素晴らしいものだったのでしょう。
ただ・・・
「何万も高い金出して買った虫の子供がそれかよ!」と言いたかったのだ。
自分の種親の値段はメスの持ち腹だったので数百円である。

【小さい種親で大きい成虫を作る】
これが自分の飼育スタイルだす!
フ━━━( ´_ゝ`)━━━ン!!

スマヒラ パダン80
パダン産スマトラヒラタ 80mm
今回、種親にセレクトしたのはこのしと。
何ゆえ選ばれたか?・・・。
ボトルに入ったメスのエサ交換していたらなぜかこいつもボトルに入ってエサを待っていた。
たぶん、その時はなにか考えがあって販売に回さずにボトルに入れっぱなしにしていたのだろうが、自分その時に何を考えていたかは全く覚えていない。
しばし、掴んで眺めていると愛着わいた!(;´Д`)ハァハァ
こいつの兄弟でもっと大きいオスは生まれそうだがしばらく幼虫のままっぽいし、メスのストックも少なくなってきたから保険の意味でもこいつでブリードしておいて種として残したほうが良いかな…とオモタ。
思い立ったが吉日。
さっそくメスを適当に選んで放り込んでやった。
005_20081119154638.jpg

どうか…このメスが真っ二つにされませんように・・・。
オーマイゴット

↓ブログランキング投票お願い致します。

鬼門

モーニッケ ジャワアルゴプーロ
モーニッケノコギリ ジャワアルゴプーロ産
なかなか美しくないですか?
色といい、形といい素敵なノコギリクワガタです。
問題は小さいんですよね。
メスなんてその辺の石をはぐったら出てくる虫と間違えそうな大きさです。
しかしこのメス何故こんなに黒いんでしょう。
オスと違いすぎますよね。
店でずううっともう1年近く展示してるのにさっぱり売れないのでブリードに回そうと思いまして産卵セット組んじゃった。
産卵セットといっても皮剥いたカワラ材をぬっ転がしただけセットです。

ついでなのでこれまた半年以上、全然売れないアンティロペノコギリもついでに産卵セットに投入。
アンティロペ カメルーン
アンティロペノコギリ カメルーン産
オスのアゴ小さいのでメス殺しはおきないだろうと一緒に入れたった。

大型の虫ばっかやってると幼虫、さなぎ期間が長くって暇になっちまう。
ヒマになると良からぬことを考えるので幼虫期間の短い虫でも作ってみるかと・・・。
そんでホソアカにハマったがほとんど惨敗。
ホソアカは自分にとって鬼門です。orz

001_20081118154357.jpg

002_20081118154415.jpg
お前ら、はよ成虫になれよ~!

↓ブログランキング投票お願い致します。

奇跡の生存者

昨晩ある人から貰って来たオキピタリスノコギリの産卵セット。
ラベルには

オキピタリスノコギリ
スラウェシパロポ
1月4日IN
2月4日OUT
 
と丁寧に書いてあった。
それにしても放って置き過ぎでない?
どんな状態になってんのか逆に興味しんしんで早速開けてみた。
するとすぐに成虫の死骸が目に付いた。
あ~これは・・・セットで羽化してそのまま餓死だ~
003_20081115145138.jpg
ケースをひっくり返すと水分全部飛んでしまってサラサラサラ~っと昆虫マットが出てきた。
001_20081115145248.jpg
その中でも奇跡が起きた。
ぬあんと!動くものが…!
002_20081115145327.jpg
助かったメス1頭。
さっそくゼリーを与えてみたが全然食べない。
一晩経っても食べないのでまだ後食が始まっていないようだ。
そのおかげで助かったんだな。

それにしても狭い部屋で昆虫の作業をするとモノであふれかえるよね。
割り出した木片、マット、空きビン、汚れて洗わなければならないビン、プラケースやその他でもうごちゃごちゃになる。
004_20081115162159.jpg
どこか広い場所でこういう作業して~な~
まだ趣味の範疇でやってるからそれも無理かぁ。

↓ブログランキング投票お願い致します。


新入荷 カメ カブト虫

ギリシャリクガメ FH ベビー
002_20081113185539.jpg
ちょ~~~~~可愛いサイズ
よちよち歩いてるのを見ると萌えます。
パクパク食べてるの見ると萌えます。
いつか居なくなるかと思うと萎えます。

DH.オキシデンタリス
エクアドル CB.F1
成虫 オスのみ 100mm
003_20081113190327.jpg
オスしか居ないからお子さんのお土産かプレゼントにいかがでしょうか?

↓ブログランキング投票お願い致します。

わしとこのパラワン

おまえがわしんとこで一番初めにかやった【ぱらわん】じゃ。
007_20081112190258.jpg
三寸強っといったところじゃろうか。
ほんに大きくなったもんじゃ。
006_20081112190327.jpg
おまえのてて親はのぉ・・・。
そりゃ貧弱で小さなてて親じゃったんじゃが・・・。
それでもおまえの母さんをよくいじめてのぉ・・・。
何度、わしがけんかの仲裁に入った事か・・・。
そんなおまえの母さんはなかなかの女偉丈夫で一回に三十七回もお産したのじゃぞ。
ところが産後の肥立ちが悪かったのかポックリと逝ってしもうた。(遠くを見つめる目)
残されたおまえのてて親は毎日浴びるように昆虫寒天を呑んでお前らの世話もせんとぐうたらと過ごしておったんじゃ。
その、てて親は今どこに居るって?
ところがの~それがまだ生きておるんじゃ、そう遠くないところでのぉ。
会いたいじゃと?
やめといたほうが良い・・・会ってもがっかりするだけじゃ・・・。
どうしても会いたいとな?
仕方ないのぉ・・・わしには留める権利もないのじゃし・・・。
015_20081112191831.jpg
どうじゃ?実の親に生まれて初めて会った感想は。
そうじゃろ、そうじゃろ闘いたくなるじゃろうて・・・。
それがお前たちの本能なのじゃよ。
しかし、今のお前では殺してしまいかねないのぉ・・・。
もう・・・良いじゃろ・・・。
許しておやり・・・。
可哀想に・・・今頃泣いているじゃろお前を見て。
おまえはたくましく育ったんじゃ。
そして知らぬ間に親を超えてしまったのじゃよ。
おまえもこれから良きおなごを嫁に貰い、子孫を増やす事に励まぬとな。
その子孫はやがてお前を超えるものも出てくるじゃろうて・・・。
そのとき、お前のてて親の気持ちがわかるじゃろう。
じゃが、ゆめゆめ忘れるでないぞ。
おまえはわしの所有物にすぎぬと言う事を・・・・・。
あっあっあっあぁ~・・・ずずずううずう(お茶をすする音)
008_20081112195129.jpg

↓ブログランキング投票お願い致します。

新入荷 昆虫

ラオスアンタエウス 
シェンクアンCBペア

インドアンタエウス
ウエストベンガル州ラチラCBペア

ホーペ
福建省ケンオウCBペア

メリーメンガタ
カメルーンCBペア

メタリフェルホソアカ
スラウェシCBペア

↓ブログランキング投票お願い致します。

ユメミルチカラ

ほんじつ
店に居るトカゲが産卵している夢を見て起きた。
ブリードシーズンなら頻繁に見るような夢なのですが久々だったので「これは何か産んだかな?」と思い、交尾が済んでいるレオパとソメワケを確認しました。
まず発見したのがレオパの卵。
「これは駄目だ~」一目見てわかる小さな凹んだ卵、しかも一個。
その卵をそ~っと取り上げる姿を母親レオパは心配そうに見つめていた。
「そんな切ない顔で見つめるなよ」と思い、普段なら捨てる卵なんだが一応カップに移してインキュベーターに入れてやった。

次に見つけたのがソメワケの卵。
004_20081109164240.jpg
「これは孵る!」そう思えるしっかりした堅い卵。
この親はしばらく無精卵を産み続けていた。
今回は交尾後、初の産卵なので有精卵か無精卵かの判断は微妙だけど自分の直感では「これは孵る」。

クタバレタジマヨウコ

久々にインキュベーターの扉を開けたのだが電源は入れたままで温度は30度になっていた。
ふと見ると空っぽのはずの棚に卵が2個ずつ入ったカップが3個あった。
そういえば・・・ミスジドロガメの卵だった…。
003_20081109164338.jpg
忘れてた。爆
もう6か月経過している。
だめか・・・。
しかし、あえて検卵はしない、このまま置いとく。
間違って生まれた時のことを想像してごらんなさい。
そりゃ~天にも昇れるほどうれしいでしょうよ。
ふふふって声に出して笑うかもしれないよ。

↓ブログランキング投票お願い致します。

生き物の輸送

ことしは昆虫の発送で悪戦苦闘している。
今まではメインが爬虫類だったが運送屋さんの協力もあり、温かく運ぶことにはある程度成功している。

ところが昆虫の場合、暖かすぎて蒸れて死ぬこともあるようで梱包の箱やカイロの質、数なんかを調節しなくてはいけない。
手探りだが何とかうまくなってきたようだ。???

ところで発砲スチロールでの梱包は北海道で有効か?
これはケースバイケースであろうと答える。
発砲スチロールの厚さにもよるが熱帯魚や冷凍物の輸送には有効である。
水や氷は空気に比べて外気温に左右される温度の変化が緩やかなせいである。
それが爬虫類や昆虫など空気の温度に頼った梱包だと頼りになるのはカイロの温みのみでカイロを入れて無い発泡スチロールの中の温度はあっという間に外気と同じ温度になる。

いろいろ過去に実験はしている。
厚さ35mmの特注の発砲スチロール箱に30度のお湯を入れてパッキングした袋を梱包し、外気温マイナス10℃前後の夜に外の車中に放置したところ翌朝には中身がカチカチに凍っていた。
同じ条件でカイロを入れて放置したところ翌朝やはり凍っていた。
カイロを燃やすには酸素が必要なわけで発砲スチロールに空気穴を開けないとカイロは箱の中の酸素を燃やしつくして一時休止してしまう。
そこで発砲スチロールに空気穴をあけて同じ実験をすると冷えてはいるが凍らない。
カイロが辛うじて燃焼し箱内をマイナスの温度になるのを防いだためである。
そんな実験結果であった。
これに踏まえていろいろ対策を加え北海道内発送の熱帯魚の死着は過去7年以上ゼロを誇っている。

爬虫類の輸送を想定してした実験では発砲スチロールは必然、輸送の最小サイズにしたいのであまり厚みのある物は用意できない。
実験で使ったのは100均ショップで入手した小型の発砲スチロール箱。
段ボールは今も使用している外側に撥水性のあるダンボール箱。

実はこの実験では実際の活きた健康なヤモリを使用した。
水物の実験では水温を計ると簡単に結果がわかりましたがこの空気物の実験では空気温度を測っても意味がない。
無事に生きているかどうかが成功か失敗かの実験なのです。
そんなわけで明らかに失敗するであろう実験は実践しませんでした。

発砲スチロール箱
ダンボール箱
ダンボール二重箱

それぞれカップにヤモリを入れてカイロを貼り梱包し、実験しました。
実際にかかるであろう輸送時間の間、真冬のエンジンをかけていない車中に放置しました。
その間、心配で心配で何度実験を中止して箱を開けて中を見ようと思った事か…。

結果を先に言うとどれも変わりませんでした。
発砲スチロール、二重ダンボール共に空気穴は開けなくてはいけないため期待するほどの保温効果はない。
(これは少し考えればすぐにわかる事だよね。魔法瓶のお湯でさえ時間がたてば冷めるのに穴があいた箱に入ってりゃ保温が期待できないの当たり前だわな!笑)
ダンボール一枚で空気が冷えていてもヤモリが暖かいカイロの上に避難してくれていれば無事に寒い時間を耐えてくれるのですよ。
逆に運送屋さんが気を利かせてくれ過ぎた場合はどうなるか?
「生き物だからなるべく冷やさないようにしてね。」
こう伝えて発送した場合、下手したら暖房のすぐそばに置かれることもありえる。
その場合、厳重に梱包したものほどカイロが異常燃焼し箱内の温度が均一に上昇して逃げ場をなくし熱死する事もある。
実はこれが原因と思われる死着は過去1件確認している。
カイロというのは厄介で外気が暖かいほどより熱くなり、逆に外気温が低いとカイロもそれなりにしか温まらない、零下になるとそもそも温まらないという特性がある。
その特性のコントロールと生体の健康状態、そして梱包するとき、その時々の勘。
お客さんの家に着くまでに通るであろうルートと時間帯その地の気温。
これらをよくよく考えて発送している。
もちろん人間のする事なので失敗もある。
事故もある。
しかし、それを恐れていては生き物の通信販売はできない。
失敗した経験を踏まえて最善となるように努力している。

最後に・・・意外と失敗少ないんだよ~
カート画面の「お知らせ」に今までの死着事故の件数を正直に載せています。
冬場は翌日到着地域の方のみご注文お願い致します。
それも「お知らせ」に載せております。

暇な時間見つけてちょこちょこ書きなおしながらの更新ですので言葉足らず、文脈ミスは指摘しないように!笑

↓ブログランキング投票お願い致します。

新入荷 熱帯魚 昆虫 水草

ネオンテトラ
久々絶好調のコンディションでの入荷を見た気が…。

マジナータスペンシル
大きめで太っています。

ラスボラアクセルロディ ネオンブルー
今回見やすい位置の水槽に入れたのですぐに売れる予感

コブラスネークヘッド
ベビーというよりも少し育ったサイズ
いきなり存在感ありです。

スカーレットジェム
いつも人気ですぐに売り切れてしまいますが今回も入荷数少々です。

チェッカーボードシクリッド
今回も調子良さそうなのが入荷。
完全シーズンインかな?

フラワーホーン チリレッド
まったく色出していません。ちょ~名前負け!笑

レオパードオスカー
若干大き目です。

CO.レウコメラス
オレンジスポットセルフィンプレコ
アーマードプレコ 3000円

アルビノヨーロッパオオナマズ
久々すぎ!の入荷
今はピンクっぽいですが大きくなると黄色っぽく、見ようによってはありがたい黄金ナマズに。

トランスルーセントグラスキャット
こんなの何年ぶりに入れたろう…。(遠い所を見つめる目で)
透明な一応ナマズです。
群れでふらふらふらふらしてます。

ゴロファ テルサンデール 成虫ペア
小さくて黒いゴロファ
可愛くてカッコいい・・・なんじゃそりゃ

アヌビアスナナPOT
国産マツモ

ホシガメ動画

しばしブログ更新放っておいてしまった・・・。
なにやら未公開で書きかけの下書きはあるのですがその時の気分で書いているので公開するに値しないと判断し削除していく。

これも下書き中だった。
入荷してすぐにアップすりゃあいいのにもたもたしてたら残り3頭になってしまいました。
ホシガメベビー
4,5~5cm 9800円

↓つづき
http://video.fc2.com/content.php?kobj_up_id=20081028MvqXD2tx
http://video.fc2.com/content.php?kobj_up_id=20081028XXLLRCLU

しかしホシガメのピンポンサイズはかわいいね~
これで丈夫だったら最高なのに。

↓ブログランキング投票お願い致します。

 | BLOG TOP |